タグ別アーカイブ: 保育士

保育士の役割

保育士の役割は、子供を心身ともに健康な状態で預かることです。

これを具体的に言うと、保育所などの児童福祉施設において、同居家族の介護等のために子供の養育ができない家庭や、保護者の就労や疾病で養育ができない家庭に代わって、保育に欠ける乳幼児を十分な養護の行き届いた環境の中で、情緒の安定を図りながら、優れた人間性を持った子供に育成することにあります。

このため、保育士は毎日の登所から降所までの間、子供の顔つきや顔色、声の調子、行動などを常にチェックし、子供の気持ちをくみとり、一人一人の欲求を適切に満たしていくことも必要となります。

また、生理機能や運動機能が未発達な子供たちの怪我や病気を防ぐために、保育所全体を安全で清潔な状態を保つことも大切な仕事になります。

近年では、障害児保育やアトピー性皮膚炎の子供の増加や、 延長保育・乳児保育などからより重要で難しい役割となってきています。

保育士は、子供が好きだという人の間で人気がある仕事ですが、平均勤務時間は幼稚園教育の約倍になり、子供が好きということだけではなく、行動力や責任感、体力がかなり必要とされます。

保育士の転職・求人ならコチラ