青汁で花粉症対策

ようやく訪れた春なのに、この春先に一番悩まされるのが花粉症です。しゃみや鼻水、目のかゆみなど、不快な症状が延々と続くのです。
この花粉症は、今や、日本では国民病』まで言われるほどで。特にスギ花粉の被害が多く、統計では国民の4人に1人、実に25%の人がスギ花粉症と言われています。
花粉症は、根本的な治療法がないため、その他処方としては、耳鼻科などを受診して、症状を緩和するための薬が投与されるのが一般的です。
しかし、耳鼻科を受診すとるのも面倒なものですし、そこで処方される薬は、一般的には抗アレルギー薬なので、こうして薬を何カ月も服用することは抵抗があります。
そこで、オススメなのが青汁による花粉症予防です。青汁の原料で有名なケールには、花粉によるアレルギー症状を緩和し、諸症状を抑える作用があります。
ケールには、花粉症緩和の有効成分『糖脂質』が含まれており、さらに、新成分『フラボノール配糖体』も花粉症に有効であることが確認されております。
すなわち、この『糖脂質』と『フラボノール配糖体』の双方を併せ持つケールは、花粉症の症状に有効であるというわけです。
子供の免疫力アップは「こどもバナナ青汁」で♪

コメントを残す