体臭の正体とクサクなる条件は

身体から発する嫌な臭い。これは、ワキガや加齢臭であったり、口臭であったり、さまざまです。
では、その嫌な臭いを発する犯人はナニ?真っ先に思い浮かぶのが汗ですね。しかしこの汗は、以外にも無臭(無実)なのです。よくよく考えてみれば、それはそうですよね。もし、汗が臭かったらサウナなどは成り立ちません。お風呂だってそうです。
しかし、汗を吸い取ったシャツは臭い!! 汗は無臭なのに。じゃあ、ナニがこのニオイを作っているのか。
その犯人は、なんと雑菌でした。雑菌そのものは無臭ですが、雑菌は汗をエサに繁殖を繰り返し、繁殖する際に放出するニオイ分子が臭いのです。
このように、雑菌が繁殖する時ニオイは作られるので、クサクなる条件とは、ズバリ雑菌が繁殖する条件です。
雑菌が繁殖する条件は、雑菌のエサとなる汗や皮脂、アカなどが 豊富なことと高温多湿の環境です。
この条件がそろっている部位が、わきの下や陰部や足などです。ですから、これらの部位はクサクなりやすいのです。
ワキガや体臭には「薬用ネオテクト」

コメントを残す