ニキビの種類と原因

ニキビは毛穴の病気です。毛穴には皮脂腺という皮膚の脂がつくられる器官が開口しています。そこで皮脂が作られて毛穴の中に分泌されますが、皮脂の分泌量は皮膚の部分により異なります。


毛穴の入口が詰まるとニキビの初期状態となります。すなわち、毛穴の入口が狭くなると皮脂がスムーズに外に排泄されなくなり、ニキビの始まりとなります。

毛穴の中に皮脂が溜まると「白ニキビ・黒ニキビ」となります。皮脂が外に出ず毛穴に溜った状態が「白ニキビ」です。

ここに溜まった皮脂は固まりになって徐々に硬くなります。この固まりを「コメド(面ぽう)」と言います。

毛穴の入口は開いているのに、コメドが詰まっている状態もありますが、そうすると、入口部分が空気に触れると酸化して黒くなるので、「黒ニキビ」となります。

コメドが溜まったままになると、皮膚の常在菌であるアクネ菌が毛穴で繁殖し毛穴とその周りに炎症を起こし、これが「赤ニキビ」となります。

その炎症が強くなると、毛穴の中に膿を持つようになる「黄色ニキビ」、医学用語で「膿疱(のうほう)」となります。

毛穴の周りの皮膚組織を破壊することもあり、ニキビ痕として瘢痕(はんこん)、すならち、クレーターが残るおそれがあるため、赤ニキビと同様、早めの治療が必要となります。


あごニキビ&背中ニキビのケアに「パルクレールジェル」

コメントを残す