体脂肪率を改善するためには

体脂肪率は、年齢や性別によって平均は変化します。例えば、女性の場合の軽肥満の体脂肪率を見ると、14~17歳では36~39%ですが、18~39歳では、35~39%、40~59歳では36~40%、60歳以上では37~41%です。


この数値を当てはめると、成人女性の多くが軽肥満に該当するのではないでしようか。その肺決としては、食事バランスが崩れ偏った食生活を送る人が多くなった結果、太りやすい時代になっていることにあります。

また、仕事をしているとどうしても運動不足となり、その結果、肥満が加速することになります。

このため、多くの人は、太ることよりも痩せる事を優先して考える必要があります。

体脂肪率を減らすためには、適度な運動と食事バランスの両立が必須です。

単に食事を減らすだけでは、一時的に痩せることは出来ても、代謝が低いため、すぐに元の体脂肪率に戻ります。

また、運動だけだと、体脂肪率を落とすために長い期間が必要になってしまいます。

バランス良く短期間で痩せ、その後も体脂肪率を維持するには、食事と運動の改善が必須なのです。

とはいえ、多忙な生活の中、毎日の運動や食事の改善にあまり時間を割くことができない人も少なくないでしょう。

そんな人には、という脂肪燃焼に特化しサプリメントがお勧めです。内臓脂肪と皮下脂肪のどちらにも効果を発揮して、体脂肪率を減少させてくれます。

「シボヘール」で体脂肪率を改善

コメントを残す