月別アーカイブ: 2017年1月

ニキビの種類と原因

ニキビは毛穴の病気です。毛穴には皮脂腺という皮膚の脂がつくられる器官が開口しています。そこで皮脂が作られて毛穴の中に分泌されますが、皮脂の分泌量は皮膚の部分により異なります。


毛穴の入口が詰まるとニキビの初期状態となります。すなわち、毛穴の入口が狭くなると皮脂がスムーズに外に排泄されなくなり、ニキビの始まりとなります。

毛穴の中に皮脂が溜まると「白ニキビ・黒ニキビ」となります。皮脂が外に出ず毛穴に溜った状態が「白ニキビ」です。

ここに溜まった皮脂は固まりになって徐々に硬くなります。この固まりを「コメド(面ぽう)」と言います。

毛穴の入口は開いているのに、コメドが詰まっている状態もありますが、そうすると、入口部分が空気に触れると酸化して黒くなるので、「黒ニキビ」となります。

コメドが溜まったままになると、皮膚の常在菌であるアクネ菌が毛穴で繁殖し毛穴とその周りに炎症を起こし、これが「赤ニキビ」となります。

その炎症が強くなると、毛穴の中に膿を持つようになる「黄色ニキビ」、医学用語で「膿疱(のうほう)」となります。

毛穴の周りの皮膚組織を破壊することもあり、ニキビ痕として瘢痕(はんこん)、すならち、クレーターが残るおそれがあるため、赤ニキビと同様、早めの治療が必要となります。


あごニキビ&背中ニキビのケアに「パルクレールジェル」

体脂肪率を改善するためには

体脂肪率は、年齢や性別によって平均は変化します。例えば、女性の場合の軽肥満の体脂肪率を見ると、14~17歳では36~39%ですが、18~39歳では、35~39%、40~59歳では36~40%、60歳以上では37~41%です。


この数値を当てはめると、成人女性の多くが軽肥満に該当するのではないでしようか。その肺決としては、食事バランスが崩れ偏った食生活を送る人が多くなった結果、太りやすい時代になっていることにあります。

また、仕事をしているとどうしても運動不足となり、その結果、肥満が加速することになります。

このため、多くの人は、太ることよりも痩せる事を優先して考える必要があります。

体脂肪率を減らすためには、適度な運動と食事バランスの両立が必須です。

単に食事を減らすだけでは、一時的に痩せることは出来ても、代謝が低いため、すぐに元の体脂肪率に戻ります。

また、運動だけだと、体脂肪率を落とすために長い期間が必要になってしまいます。

バランス良く短期間で痩せ、その後も体脂肪率を維持するには、食事と運動の改善が必須なのです。

とはいえ、多忙な生活の中、毎日の運動や食事の改善にあまり時間を割くことができない人も少なくないでしょう。

そんな人には、という脂肪燃焼に特化しサプリメントがお勧めです。内臓脂肪と皮下脂肪のどちらにも効果を発揮して、体脂肪率を減少させてくれます。

「シボヘール」で体脂肪率を改善

サプリを飲む際の注意事項

ダイエットに限らず健康や美容のためのサプリは数多く出回っております。サプリメントという言葉は、もともと「補う」「補足、補充」という意味で、あくまでも補助食品なのです。


このため、サプリだけでダエットしょうとするなど、サプリだけに頼るのは止めた方が良いでしょう。その一方で、正しい方法で効果的に摂取すれば、補助としての役割はきっちり果たしてくれます。

サプリを飲む時間帯は、添付されている説明書に書いてある通りのタイミングで飲めば良いのですが、「いつ飲んでも大丈夫」なサプリメントでも、その効果をあげるためには、ベストな時間帯があります。

ダイエットサプリであれば、食前か食後が良いとされております。これは、胃の中の食べ物と混ざることによって、吸収率が良くなるからです。

また、肌関係の美容サプであれば、夜に飲むと良いとされております。肌の代謝は夜に活発に行われ、特に夜10時~2時までの間は、肌のゴールデンタイムといわれており、その前に飲むと、より効果が得られます。

また、サプリを飲む時は、ミネラルウォーターで飲むようにしましょう。お茶だと利尿作用が働いて、せっかくの栄養分が排出されしまう恐れがありますし、水道水では、塩素の働きによって吸収が阻害される可能性があります。

そして、サプリを飲む上で一番大切なのは、用法、用量や注意書を必ず守ることです。これに反すると、目的の効果を得られないどころか、身体に害を及ぼす場合もあるからです。


酵素サプリ「スルスル酵素」