月別アーカイブ: 2016年10月

にきび跡の原因と治療

にきびが出来ると、炎症を起こして赤くなったり、酷くなれば膿がたまって黄色い部分ができるという症状が出たりします。

また、さらに進行してしまうと、毛穴が破れて中身が流れ出して周辺に炎症が広がることもあります。 こうした場合に、皮膚の深い部分を傷つけてしまう為に、炎症が治っても痕(瘢痕・あばた)が残る場合が多いわけです。

特に、にきび痕には、茶色く色素沈着してしみになっている場合や、皮膚が陥没している場合をにきび瘢痕といいますが、毛細血管が拡張状態などがあり、悩みも深いようです。

にきび瘢痕に対しては、しわ取りレーザーを使って皮膚組織を整える方法があります。にきび瘢痕の中でも浅い陥没の場合は、グリコール酸ピーリングを行なうことでその陥没の段差が少なくなって目立たなくなることもあります。

深い陥没の場合には、トリクロロ酸やサリチル酸などのやや強めの酸を用いたピーリングが行なわれるようです。また、にきび瘢痕の中でも皮膚が盛り上がっているような状態の場合は、外科的に切って縫い合わせる方法やステロイド薬を局所注射する方法が行なわれたりすることもあります。

こうしたニキビ跡の治療は殆ど保険が適用されず、実費治療となってしまいます。また、特殊な治療になるため、専門医とよく相談して進めて下さい。

いずれにしても、にきび瘢痕を治すのは大変な治療となります。ですから、できるだけにきび痕を残さないよう、にきびが軽症のうちに正しい治療を行なって完治させることが大変重要です。

ニキビ痕には「リプロスキン」

カニの賢いさばき方

カニ料理は、かに鍋、かにしゃぶ、焼きガニ、かにチャーハン、かにグラタン、かにグラタン等々、数限りなくあります。しかし、カニ料理を作る際、カニの殻を剥がす作業は意外と面倒なもので、これで、カニが嫌いと言う人も結構いるようです。


こうしたことから、殻を剥がすのが面倒だから、既に身がむいてあるものが欲しいという需要に応えて、最近では、カニのむき身を商品として提供する通販も多くなってきております。そんな面倒なカニの殻むきを、もっと簡単に出来る方法はないものでしようか。


まずカニの殻を剥がす作業でやってはいけないこは、カニ鍋や焼きガニなどで調理し後で行うことです。これは面倒に作業の最たるものです。なぜならば、熱せられたカニの殻は、熱くて手で持つことが出来なくなるからです。特に、カニ鍋でこのパターンが多く、火傷の危険すらあります。


このため、カニ殻を剥がすのは、調理する前に行いましょう。


次に、殻のさばき方です。専用ハサミで、カニ本体を、胴・足に分けます。胴は縦に半分にした方が 中身が取り出しやすく、出汁も滲みやすくなります。


足は、本体が大きいと足の長さも必然的に長くなります。長い場合は、関節ごとに切り、身があまり詰まっていない先の部分は、次の日の味噌汁の出汁専用にすれば無駄になりません。


次に、カニの殻の処理です。カニ鍋や焼きガニをするときに、殻を残すと火傷の危険がありま。この危険を排除するには、足の殻を半分にすれば良いのです。


横に切れ目を入れると、カニのむき身が半分しか顔を出さなので、ここは縦にハサミを入れます。


関節から関節までハサミを入れたら、ハサミをいれた裏側にも入れます。これで、カニの足の上半部の殻が蓋 開くよう取り外すことが可能となり、鍋に入れても、焼きガニにしても、ほぐし身に使うにしても非常に便利です。


関節から関節まで一か所のみハサミを入れて鍋に放り込むよりも、二か所入れた方が身が取り出しやすく、また、殻も下半分残っているため出汁も十分に出ます。

匠本舗の【かに本舗】

結婚相談所のデメリット

婚活に際して、結婚相談所を利用することは様々なメリットがあります。しかし、ここで注意が必要なのは、入会=結婚ではないと言うことです。


結婚して子供を作り幸せな家庭を築きたい、お互いが支えあえるパートナーを見つけたいと考え婚活する人は多いでしょう。でも、単に考えているだけでは、結婚にこぎ着けることはできません。

たしかに、結婚相談所に登録すると出会いのチャンスが広くなり、専門アドバイザーのサポートを受けながら婚活が出来るといったメリットがありますが、デメリットもあります。

まず、入会に際しては初期費用がかかるということです。必要な費用は結婚相談所によってまちまちですが、入会金に加え、月々の会費が必要なため、それなりにまとまったお金が必要となります。

結婚できるなら安いものと考えるか、高いと考えるかは、人それぞれでしょうが、多くの人が結婚相談所の利用に二の足を踏んでしまうのは、この費用が大きな壁となっております。

次に、入会するには提出書類を揃えなくてはならず、結構手間がかかることです。

提出を求められる書類は、卒業証明書、戸籍謄本、源泉徴収などが必要となってきます。

こうした書類を提出することによって、お互いが安心して結婚相手を探すことが出来るのですが、市町村区役所などに出向く必要があり、忙しい人にとっては煩わしいかもしれません。

また、婚活をしている間も、アドバイザーとの面談をするなど、何かと時間をとられます。

つまり、結婚相談所に登録するだけで、あちこちからお見合いの話が勝手に舞い込んでくるわけではないということです。

そうは言っても、結婚相談所は真剣に結婚相手を探している人にとっては、非常に合理的で効率的なシステムです。


一生の伴侶を探すのですから、これくらいのデメリットは享受するくらいの覚悟がなければ、結婚はできないことでもあるのでしょう。


「結婚相談所比較ネット」