月別アーカイブ: 2014年11月

健康サプリのチェック項目

■天然素材を使っているか
サプリメントには天然物と合成物がありますが、多くのサプリメントは合成です。これは、石油から合成する方がコストがかからないからです。しかし、自分の体のことを考えると、天然サプリメントを選ぶ方が無難です。天然と合成の栄養素を比較すると、体内での働きが全く違うからです。
■低温で製造されているか
栄養素は加熱処理をすると破壊されてしまいます。このため、どんなに良質な天然食材からサプリメントを製造しても、その製造過程で熱を加えてしまうと栄養素が減ってしまいます。特に酵素は熱に弱いため、48℃でほとんどが破壊されてしまいます。製造技術の差がサプリメントの品質の差なのです。
■製造時期は?
サプリメントは食品ですから鮮度も重要です。何年も前に製造されたサプリメントが店頭で売られていることもありますので、購入する際には、製造時期を確認しっかり確認しましょう。良心的なメーカーであれば、ロットナンバー(製造番号)が記入されており、それから確認することが出来ます。
■体内で働く成分バランスか?
成分量の多さだけをPRしている製品を見かけますが、栄養素の量と効力は比例しないのです。すなわち、一つの栄養素は単独で働くものではなく、他の栄養素と協調しながら効力を発揮するものだからです。このため、成分のバランス調整を行っていないサプリメントは体内で役に立たないかもしれません。
■体に不要なものが含まれていないか?
サプリメントには多くの添加物が使われております。中には、9割が添加物であることもあるのです。栄養素を摂ることはプラスですが、同時に多くの添加物を摂っては、逆にマイナスです。粗悪なサプリメントは効果がないだけでなく、逆に体に害を及ぼす可能性があります。
この5つのチェックこうもがOKの製品なら安心です。
健康サプリ&健康飲料比較【若々しく健康な】生活を!!

サージジュースの美容成分

サージとは、サジーやシーベリーともいわれるグミ科ヒッポファエ属の植物で、トゲのあるオレンジ色の植物の果実です。
これには、ミネラル、ビタミン、アミノ酸、不飽和脂肪酸などが豊富で、200種類以上もの栄養素が含まれています。
ミネラルにはカルシウムや鉄、亜 鉛、カリウムなどを含み、ビタミンではビタミンB群やビタミンC、ビタミンEなどを含んでいます。必須アミノ酸をはじめとするアミノ酸や、果実には珍しい 不飽和脂肪酸も含まれているほか、フラボノイドなどのポリフェノールも含んでおり、栄養の宝庫といえる果物です。
また、サージの葉には、ビタミンCやミネラル、たんぱく質、脂質、食物繊維、アミノ酸などの豊富な栄養素が含まれており、健康茶や品質のよい飼料をつくる上でも貴重な資源となっています。
この内、美容に嬉しい成分は、鉄分がプルーンの37.5倍、リンゴ酸はリンゴの8.3倍、ビタミンCは、レモンの9.0倍、アスパラギン酸が、一般米酢の65.5倍の他、老化の原因とも言われている活性酵素をの働きを弱めてくれる抗酸化力が、豊富に含まれています。
サージジュースは独特の酸味を持っています。そのまま飲んだり、水で薄める飲み方が一般的です。しかし、酸味が強いためそのままで飲みにくい場合は、オレンジジュースやリンゴジュース、野菜ジュース、ジンジャーエールなどで割ると飲みやすくなります。健康で美しい肌をつくるために必要な成分がこんなにも含まれるジュースはありません。

黄酸汁【豊潤サジージュース】でアンチエイジング♪

置き換えダイエットで注意すること

置き換えダイエットとは、1日3食のうちの1~2食をダイエット食品などに置き換えるダイエット法のことですが、これを誤った方法で行ってしまうと、栄養不足などによって便秘や肌荒れ、さらには健康被害を引き起こしてしまうこともあります。
置き換えダイエットが成功するかどうかのポイントは、日常生活において摂取している食品を、どんな食品に置き換えるのかということに尽きるでしょう。
置き換えダイエットは、食事制限によるダイエットの一種ですから、置き換え用食品には、必要な栄養分がちゃんと含まれており、体に負担をかけることのない食品を選ぶことが大切です。
置き換える食品のカロリーは、1食分当たり50~200kcalと低カロリーで満腹感が得られるものが多く、置き換え用食品としてダイエット食品が数多く販売されています。
それらの中から選ぶ時には、各商品の成分を必ずチェックすることが大切で、ダイエットで不足しがちなビタミンやミネラル、鉄分だけでなく、食欲や吸収を抑制する成分が含まれているものもあります。
このように、置き換えダイエットは手軽にカロリーコントロールができるのがメリットですが、いくら置き換え用食品の栄養に気をつけていても、残りの食事で偏食していて効果が現れません。
自分に合った置き換え用食品でしっかり栄養を摂りながら、生活全体を見直して健康的なダイエットを実行しましょう。

アサイーレッドスムージーダイエットで【置き換えダイエット+エイジングケア】

便秘の種類と原因

便秘の多くは、日常の生活習慣に問題があって起こりますが、原因や経過などにより、大きく4つの種類に分けられます。しかし、必ずしもこれらの種類にきちんと区別できるとは限りません。どの種類でもなかったり、数種類の特徴を複合的に持っていたりするケースもあります。
■食事性便秘
繊維の少ない偏った食事や食べる量が極端に少ないと、腸壁に適当な刺激が起こりにくくなり便秘になることがあります。
■習慣性便秘
トイレを我慢していると、直腸の感受性が弱くなり便意が起こりにくくなります。生活習慣が原因の代表的な便秘で、女性に多くみられます。
■弛緩性便秘
大腸のはたらきが低下したり、運動不足などによる腹筋力の低下などから、便を押し出す力が足りないことが原因で起こります。高齢者や内臓が下垂ぎみの人に多くみられます。
■痙攣性便秘
ストレスや疲労などが原因で、大腸のはたらきを調節する自律神経がバランスをくずすことで起こります。便秘と下痢を交互に起こしたり、丸いコロコロした硬い便が出るのが特徴です。
このほかにも、腸閉塞など腸管の病気を起こしていたり、腫瘍や妊娠などが原因で外側から腸を圧迫し便秘になる場合もあります。また糖尿病など、他の病気の症状のひとつとして、便秘になることがあります。

乳酸菌革命は、穏やかに【便秘解消】する乳酸菌サプリです!!

置き換えダイエットの停滞期

ダイエットをされているほとんどの方が経験しているのが、痩せなくなること。最初は目に見えて痩せていき、効果を実感しますが、ある時期から変化を感じなくなり、痩せなくなってしまいます。これが、いわゆる停滞期です。停滞期とは、低カロリーで活動できるよう体が調節し始める時期なのです。
ダイエットをしていく上でいくつかの期間があるそうです。
■体重を減らすことだけに集中する減量期。
■微量の体重増減を繰り返し、しだいに適正体重に近づける調整期。
■減量した体重を維持していく安定維持期。

置き換えダイエットで減量を行う場合、どのタイミングでダイエット食品を摂り入れるかがポイントとなってきます。
最初の段階では、置き換えダイエットを毎日の食生活に摂り入れていくことにより、確実に体重が減っていくのを実感できると思います。
しかし、ずっと同じペースで減り続けるわけではありません。体重が減りにくくなる停滞期が訪れますが、体重は落ちなくても体脂肪が減ったり、カラダは変化しているので、停滞期に入っても焦らずマイペースで続けていれば、また減っていきます。
停滞期の過ごし方としては、運動を続けたり、食生活のバランスを見直してみたりするのも1つの方法です。
また、モチベーションを維持するためにダイエット以外のこと、例えば、美容面などに関心を向けるのも良いかもしれません。
いずれにしても、停滞期に入った時は、あまり体重を気にすることなく、諦めずに続けることが大切だと思います。

パーフェクトダイエットプロは 【リバウンドしないダイエット+美容】の美容液ダイエットシェイクです♪

置き換えダイエットで成功するには?

置き換えダイエットとは、1日3食のうちの1回をダイエット食品に置き換えるダイエット方法を言います。
ダイエット食品の多くは、摂取カロリーを抑えながらビタミンやミネラルなどの栄養素もしっかり摂れ、満腹感も得られるように作られています。
しかし、ダイエット食品に頼りきって、規則正しい食生活を乱すようでは、ダイエットは成功しません。
いくら、置き換えダイエットをしても、他の2食が高カロリーでは、ダイエット効果が期待できないのは当たり前のことです。
また、ダイエット食品だけで3食全てをまかなうことは、身体にも悪く危険です。ちなみに、置き換えダイエット食品の多くは、1日1食までの置き換えと指示しております。

また、置き換えダイエットにした途端、満足感・満腹感が得られないため挫折してしまう人がいるようですが、ダイエット前の食事で満腹感を得ていたカロリーと、ダイエット食でのカロリーは全く違うのですから、満腹感が得られないのは当然のことです。

ダイエットを成功させるためには、油ものは控え、食べる量は腹八分目で止めるといった癖をつけましょう。
そして、こまめに水分補給し、食事はカロリー重視ではなくて必要な栄養バランスが摂れる食事にし、また、間食は出来るだけ控え、できれば3度の食事を決まった時間に摂るように心がけ、並行して、軽い運動も取り入れると効果的です。

まずは生活習慣を見直し、最後まで痩せたいという強い意志で頑張れば成功の可能性はそれだけ大きくなります。しかし、置き換えダイエットを長期で続けるのは、健康面からも良くないのでお勧めできません。

「ローカロ生活」で置き換えダイエット!!

体臭の正体とクサクなる条件は

身体から発する嫌な臭い。これは、ワキガや加齢臭であったり、口臭であったり、さまざまです。
では、その嫌な臭いを発する犯人はナニ?真っ先に思い浮かぶのが汗ですね。しかしこの汗は、以外にも無臭(無実)なのです。よくよく考えてみれば、それはそうですよね。もし、汗が臭かったらサウナなどは成り立ちません。お風呂だってそうです。
しかし、汗を吸い取ったシャツは臭い!! 汗は無臭なのに。じゃあ、ナニがこのニオイを作っているのか。
その犯人は、なんと雑菌でした。雑菌そのものは無臭ですが、雑菌は汗をエサに繁殖を繰り返し、繁殖する際に放出するニオイ分子が臭いのです。
このように、雑菌が繁殖する時ニオイは作られるので、クサクなる条件とは、ズバリ雑菌が繁殖する条件です。
雑菌が繁殖する条件は、雑菌のエサとなる汗や皮脂、アカなどが 豊富なことと高温多湿の環境です。
この条件がそろっている部位が、わきの下や陰部や足などです。ですから、これらの部位はクサクなりやすいのです。
ワキガや体臭には「薬用ネオテクト」

除毛クリームの効果

脱毛は大きく分けて2つに分かれます。自己処理するか、脱毛サロンとか医療クリニックなどで、プロにやってもらうか。
自己処理の代表例は、安全カミソリで剃るか、シェーバーを使うことになるのでしょうが、最近は、家庭でムダ毛処理ができるグッズの売れ行きが好調です。
その一つが、脱毛クリームです。これには、脱毛ローション・ジェルなどタイプはさまざまですが、いずれも、毛を抜く原理はほとんど同じです。
除毛クリームとは、ムダ毛に作用する除毛成分が配合された化粧品で、表面に生えている毛を除毛成分が溶かして取り除く方法です。
脱毛サロンでの光脱毛が、光を照射し瞬間的にムダ毛を焼き切るのに対して、クリーム系はアルカリ性の溶剤で毛を溶かします。このため、肌への負担という面では、ほとんど痛みがありません。また、カミソリや毛抜き、脱毛機のように、毛穴やお肌を傷つけることはないし、痛みもまったくありません。
しかも、ムダ毛を溶かすため、処理後の毛先が丸くなり、カミソリで剃った時のようにチクチクしないし、次に生えてくる毛もがなめらかになります。また最近の除毛クリームは、美肌成分がたっぷり配合されているので、お肌にやさしく肌への刺激が少なくなっています。つまり、除毛クリームはムダ毛に強力で肌には優しい、パーフェクトな除毛法なんです!
使用にあたっての注意点は、肌が弱い人は溶剤があわなくて炎症を起こす場合があるということでしょう。それでも、カミソリに比べれば、肌への負担は少ない方です。

パイナップル豆乳除毛クリームは【ムダ毛処理】の定番☆シリーズ累計240万個突破!!

毎日のムダ毛手入れから開放されたい 

女性にとって、ムダ毛の処理を毎日やるのは大変ですし、面倒なものですね。そこで思いつくのが、ムダ毛の永久的な処理・・・すなわち、永久脱毛です。
しかし、永久脱毛をすると言っても、どうすれば良いのか?どこがいいのか?と、悩みは尽きません。
一昔前まではサロンや医院で行う施術を総称して永久脱毛と言っていましたが、 近年は、その考え方は変わってきています。病院と脱毛サロンとでは、使用できる機材が異なるため、仕上がりや施術方法そのものが異なるからです。このため、本当の意味での永久脱毛に該当するのは、病院での施術になります。
いずれにしても、程度の差こそあれ、永久脱毛を考えるなら、あれこれ悩むことなく、まず、「無料のカウンセリング」を受けることをオススメします。
最終的には、施術を受けることになろうかと思いますが、その前に、病院やサロンでの雰囲気はもちろん、先生の対応や、これまでの症例を説明してもらうことが肝要です。
カウンセリングにおいては、自身の毛の状態や施術方法を知ることはもちろん必要ですが、決して安くない金額や、自分自身の体に関することであるだけに、本当に信頼に足りる病院やサロンか、自分の目的に合っているかなどをしっかり見極めることが、何よりも必要です。カウンセリングのみ受けて、施術はやめることも可能なのですから。

脱毛比較ナビ【脱毛サロン・脱毛剤・脱毛器】

リンスとトリートメントの効果的な使い方

リンスは、髪の表面を油分でカバーし、シャンプーの後の髪のきしみを防いで、手ざわりをよくすることができる。 また、髪の水分の蒸発をおさえることができる。しかし、毛髪の内部には作用しません。

一方、トリートメントは、リンスと同じ効果があるが、毛髪の内部にまで、タンパク質成分が浸透できるので、ダメージ部分に栄養を補給する事ができます。


この、リンスとトリートメントを使う際に注意しなければならないのは、毛穴に油分を残してはいけないということです。


シャンプーは、頭皮の油分や汚れをとるために、髪と毛穴の両方を洗うようにするものですが、リンスやトリートメントが髪と毛穴の両方に油分をつけてしまったら元も子もありません。


毛穴からは、毎日必要なだけ油分が出ているのですが、これに加えて、リンスやトリートメントの油分が付着してしまったら、頭皮と油分のバランスが崩れてしまうのです。


このため、リンスとトリートメントは、根元にはなるべくつけず、髪の中間~毛先を中心につけるようにしましょう。


また、リンスはトリートメントと違って、時間をおいても髪の内部まで浸透しないので、髪になじませたら、そのまま洗い流してかまいません。


それとは反対に、トリートメントは時間をおくことで、髪の内部に浸透することができます。


育毛シャンプーなら「ウーマシャンプー」