カテゴリー別アーカイブ: 食品

カニの賢いさばき方

カニ料理は、かに鍋、かにしゃぶ、焼きガニ、かにチャーハン、かにグラタン、かにグラタン等々、数限りなくあります。しかし、カニ料理を作る際、カニの殻を剥がす作業は意外と面倒なもので、これで、カニが嫌いと言う人も結構いるようです。


こうしたことから、殻を剥がすのが面倒だから、既に身がむいてあるものが欲しいという需要に応えて、最近では、カニのむき身を商品として提供する通販も多くなってきております。そんな面倒なカニの殻むきを、もっと簡単に出来る方法はないものでしようか。


まずカニの殻を剥がす作業でやってはいけないこは、カニ鍋や焼きガニなどで調理し後で行うことです。これは面倒に作業の最たるものです。なぜならば、熱せられたカニの殻は、熱くて手で持つことが出来なくなるからです。特に、カニ鍋でこのパターンが多く、火傷の危険すらあります。


このため、カニ殻を剥がすのは、調理する前に行いましょう。


次に、殻のさばき方です。専用ハサミで、カニ本体を、胴・足に分けます。胴は縦に半分にした方が 中身が取り出しやすく、出汁も滲みやすくなります。


足は、本体が大きいと足の長さも必然的に長くなります。長い場合は、関節ごとに切り、身があまり詰まっていない先の部分は、次の日の味噌汁の出汁専用にすれば無駄になりません。


次に、カニの殻の処理です。カニ鍋や焼きガニをするときに、殻を残すと火傷の危険がありま。この危険を排除するには、足の殻を半分にすれば良いのです。


横に切れ目を入れると、カニのむき身が半分しか顔を出さなので、ここは縦にハサミを入れます。


関節から関節までハサミを入れたら、ハサミをいれた裏側にも入れます。これで、カニの足の上半部の殻が蓋 開くよう取り外すことが可能となり、鍋に入れても、焼きガニにしても、ほぐし身に使うにしても非常に便利です。


関節から関節まで一か所のみハサミを入れて鍋に放り込むよりも、二か所入れた方が身が取り出しやすく、また、殻も下半分残っているため出汁も十分に出ます。

匠本舗の【かに本舗】

かに通販で鮮度の良いかにをゲット

かに通販を利用する方法は色々とあります。例えば、北海道で採れたかにが欲しいと、電話でもインターネットからでも注文することが出来ます。
また、かに通販といっても、色んな通販サイトがありますから、自分であれこれ比較した上で、例えば、同じ北海道のかに通販でも、北海道の函館のかになのか、それとも近海でとれたものなのか、色々と種類がありますので、これにの中から、自分のニーズに合ったものを選んで注文することができます。
かに通販は、シーズン的には冬場に多く出回っているため、それ以外のシーズンでは、かに通販サイトでも、冷凍保存してあった商品かもしれませんので、シーズン中ほどの鮮度はあまり出来ないかもしれません。
一番鮮度的にいいのは、かに通販で注文した翌日に発送してくれるところです。とれてすぐのかにを通販で翌日発送してもらえると、かなり鮮度的にもいいと思いますよ。
かに通販を利用する最大のメリットというのは、やはり産地直送の美味しいかにを、鮮度を保ったまま、通販で自宅に届けてもらえることですね。

『かにまみれ』は「4特」のカニを産地直送♪

青汁で花粉症対策

ようやく訪れた春なのに、この春先に一番悩まされるのが花粉症です。しゃみや鼻水、目のかゆみなど、不快な症状が延々と続くのです。
この花粉症は、今や、日本では国民病』まで言われるほどで。特にスギ花粉の被害が多く、統計では国民の4人に1人、実に25%の人がスギ花粉症と言われています。
花粉症は、根本的な治療法がないため、その他処方としては、耳鼻科などを受診して、症状を緩和するための薬が投与されるのが一般的です。
しかし、耳鼻科を受診すとるのも面倒なものですし、そこで処方される薬は、一般的には抗アレルギー薬なので、こうして薬を何カ月も服用することは抵抗があります。
そこで、オススメなのが青汁による花粉症予防です。青汁の原料で有名なケールには、花粉によるアレルギー症状を緩和し、諸症状を抑える作用があります。
ケールには、花粉症緩和の有効成分『糖脂質』が含まれており、さらに、新成分『フラボノール配糖体』も花粉症に有効であることが確認されております。
すなわち、この『糖脂質』と『フラボノール配糖体』の双方を併せ持つケールは、花粉症の症状に有効であるというわけです。
子供の免疫力アップは「こどもバナナ青汁」で♪