カテゴリー別アーカイブ: 未分類

リンスとトリートメントの効果的な使い方

リンスは、髪の表面を油分でカバーし、シャンプーの後の髪のきしみを防いで、手ざわりをよくすることができる。 また、髪の水分の蒸発をおさえることができる。しかし、毛髪の内部には作用しません。

一方、トリートメントは、リンスと同じ効果があるが、毛髪の内部にまで、タンパク質成分が浸透できるので、ダメージ部分に栄養を補給する事ができます。


この、リンスとトリートメントを使う際に注意しなければならないのは、毛穴に油分を残してはいけないということです。


シャンプーは、頭皮の油分や汚れをとるために、髪と毛穴の両方を洗うようにするものですが、リンスやトリートメントが髪と毛穴の両方に油分をつけてしまったら元も子もありません。


毛穴からは、毎日必要なだけ油分が出ているのですが、これに加えて、リンスやトリートメントの油分が付着してしまったら、頭皮と油分のバランスが崩れてしまうのです。


このため、リンスとトリートメントは、根元にはなるべくつけず、髪の中間~毛先を中心につけるようにしましょう。


また、リンスはトリートメントと違って、時間をおいても髪の内部まで浸透しないので、髪になじませたら、そのまま洗い流してかまいません。


それとは反対に、トリートメントは時間をおくことで、髪の内部に浸透することができます。


育毛シャンプーなら「ウーマシャンプー」

不動産売却のための事前準備

不動産の売却活動に入る前にやっておきたいのが、現状把握と条件整理です。これが活動の判断基準となります。まず、不動産の売却活動をスムーズに運ぶためには、家族でしっかり話し合い、判断基準を明確にしておきましょう。
家を売却したい場合、その家を売りたい理由やそのための条件・スケジュールは描けているか。また、売りたい家のローンの残債や預貯金額の把握はできているかなどです。
「家を売ろう」と、考える背景には、何かしらの理由があるはずです。子供が成長して手狭になったので広い家に住み替えたい。子供が独立したので一戸建てからマンションへ移りたい。もっと通勤に便利な場所に住みたいなどなど、その理由は人によってさまざまです。
現在の住まいが、自分たちのライフスタイルに合わなくなっているのなら、どこに不具合があるのか、そのポイントを整理してみましょう。
具体的に困ったことはないけれど、新しい住まいに対する漠然とした憧れがある、というのも立派な動機でとなります。その場合は、どんな住まいに魅力を感じるのかを明確にしましょう。すなわち、家の売却活動の本番に入る前に、何のために家を売るのか、住まいを売った先に得たいものはどのようなものかについて考え、具体的なイメージを描きましょう。
それが出来たら、さらに、住み替え(売却)完了までのおよそのスケジュール(期限)について考えてみましょう。
例えば、子供の進学に合わせて3月までに新居への引越しを実現させよう、といったように、いつまでにどうしたいか、という具体的な目標を立てると、今なすべきことが明確になります。
新しい住まいへの具体的なイメージが膨らんできたら、現時点での経済状況を把握してみましょう。
まず確認したいのが、売却を考えている住まいのローンが残っているかどうか。残債がある場合は、その額がいくらなのかを把握します。
次に、買い替えを考えているなら、そのために使える預貯金はいくらあるのかも洗い出してみます。
さらに、現在のローンの支払額に余裕があるのかなどを目安に、新しく組むローンの返済額の上限をいくらに設定したらいいのかなども確認します。
ローン残債と買い替えに使える預貯金額が同程度なら、売却分をすべて新しい住まいの購入に回すことができるので、買い替えは十分可能だと考 えられます。
しかし、ローンの残債がかなり残っている場合は、買い替えが可能かどうかについて、金融機関に相談してみることをオススメします。
「スマイスター」で一括無料査定